usjのレストラン混雑を避けてゆったり過ごすことはできる?

usjの楽しみの1つにレストランがありますが、あまりに混雑していると食べるだけなのにひと苦労させられますよね。

usj内に滞在できる時間は有限ですから、混雑するであろうレストランの時間をどれだけスムーズに過ごせるかで、1日のスケジュールが変わって来ます。

混雑しがちなusjのレストランの対策方法をマスターしておきましょう。

usjのレストラン混雑する手っ取り早い方法は時間帯をずらすこと


usjの食事場所はレストランかフードコートになりますが、混雑していると店外に続く長い行列でお客さんがいっぱいです。

お客さんがいっぱいなので当然席が足りなくなり、そのうち床とかちょっとした空きスペースや段差等を使って食べる人が出始めます。

お客さんが多すぎる時は、オーダーできたのに食べる場所がないと途方にくれる事もあります。

食事の時間は重なりがちですから、自分がお腹がすいたな~と思う頃には、他の皆もお腹がすいてるんですよね。

なので、予約とか手間をかけずに混雑を避けるなら、1番行動しやすいのが「ランチの時間帯にレストランに行かないこと」です。

要するに少し早めのランチか遅めのランチを意識すれば、ピーク時間帯をさけられるので、かなりスムーズにことが運びます。

これは朝食の量を少なめにする、いつもより早い時間に朝食をとる等、朝の時点で対策しておくことがマストです。

口が寂しい時用、ポケットの中に飴玉1つでも入れておくのも手かもしれませんね。

usjのレストラン混雑を避けるために優先案内を利用しよう

お腹がすいているのに行列のせいでいつまで経っても食べたいものが食べられない、これが自分だけなら我慢できるかもしれませんが、家族連れとか集団で行動していると自分ひとりだけ脱線するわけにもいかないので、対応が難しいですよね。

食事で面倒ごとを避けたいなら、フードコートよりもレストラン、それも優先案内サービスを利用しましょう。

優先案内サービスには「事前受付」「当日受付」の2種類があります。

事前受付は、usjに行く日付と行きたいレストランがあらかじめ決まっている場合に利用するサービスで、あらかじめWEBで登録しておき、来場当日受付時間にお店に行けば待機列の先頭に進むことができます。

当日受付は、usj来場日に希望のレストランで受付してもらって、あとは受付時間に再訪問するだけで事前受付と同様待機列の先頭に案内してもらえます。

この受付時間を過ぎてしまうとキャンセル扱いになってしまうので、時間厳守ではありますが、並ぶ時間が少なくなり、食事のタイミングがある程度決められるので予定が立つてたすい等メリットがあります。

usjのレストラン混雑は昼だけではなくて夜もある

usjのアトラクションの待ち時間が分かる混雑情報はネットで探せば分かるのですが、残念ながらレストランの混み具合までは分かりません。

ただ、一日中usjで遊ぶなら、ランチを食べて、そのままディナーも食べていくという方もいるでしょう。

場合によっては、優先案内をフルに活用して確実に食事の時間を確保することも必要かもしれません。

その時に注意したいのが、レストランの夜の営業時間です。

昼に空いていたお店が早ければ夕方くらいで閉店してしまうので、ディナーもまた席の争奪戦となってしまうのです。

もし1日2回パークで食事をするなら、営業時間も考慮しないと、ランチで利用したお店でまたディナーもなんて事態だって有り得ます。

そんなトラブルも考えようによっては面白いですが、できればせっかくのusjだから色んな雰囲気のお店、違ったメニューを楽しみたいところです。

カフェ系のお店は閉店が早め、レストランは昼も夜も営業しているということを念頭においておきましょう。

まとめ

  • ランチのピークの時間帯をずらす。
  • 優先案内を利用する。
  • 営業時間に注意する。

この3点を意識することで大分食事に掛かるストレスを減らすことができます。

いずれも難しい手段ではありませんので、是非実行してみてください。

食事の時間もusjでの楽しいひと時です。

アトラクションを楽しむのと同じように、しっかりリサーチしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました